月経不順の際にもホルモン剤

月経不順に悩んでいる女性は少なくありません。その治療法の一つにホルモン剤があります。 - 月経不順の際にもホルモン剤

月経不順の際にもホルモン剤

trsts
月経不順とは月経周期が不安定で、出血の量もバラバラ、また生理痛も強いなど、月経に関係した病状を言います。
頻繁ではなく時々程度でしたら心配はないのですが、月経不順が続けば不妊になる可能性もあるので注意しなくてはいけません。

月経不順の原因とは

原因の多くはストレス性からくるものや過剰なダイエット、乱れた生活習慣ですが、それ以外の病気を発症して起きている可能性もあります。
原因は何であっても月経不順の期間が長期になればそれだけ不妊症になる%も大分高くなりますので、婦人科へ行きましょう。

月経不順治療法

治療法の一つにホルモン剤があります。
月経不順の原因の一つにホルモンバランスの乱れというのも多く、ホルモン剤を摂取する事により治療していきます。
無月経(三ヶ月月経の無い状態)はホルモン剤を投与し、出血させる必要があります。
内服薬として知られているピルは避妊薬として知っている方は多いと思いますが、月経周期を安定にするためにも服用されています。
三週間毎日服用して、最後の一週間はお休みする事で、最後の一週間から三日位で生理が始まります。
いつ始まるのか分からなくて不安という女性にはとても助かるホルモン剤です。

副作用について

ホルモン剤の服用はとても便利ではあるのですが、副作用についてのリスクは全くないというわけではありません。
副作用の症状としては肩こり・吐き気・頭痛やホルモンが活発になるため胸の張りを感じる方もいます。
そして、長い間服用してしまうと依存性が出てしまい、自分の力で月経を起こす力が弱くなってしまう可能性もあるので、長期間の服用は出来るだけ避けた方がよいでしょう。
こうした副作用が気になるという方は、ホルモン分泌を活発にするためのサプリメントを摂る方が安心です。

乱れたホルモンバランスを整える成分について

最近注目されているホルモンバランスを活性化させて整えてくれる成分があります。
「ジオスゲニン」「アグリコン型イソフラボン」の二種類です。

ジオスゲニン

・・・このジオスゲニンは山芋からとれる成分でホルモンバランスを整える役割を持ちます。
医薬成分DHEAの代替成分として使用されており、最近とても注目されている成分です。
作用については卵胞の成熟〜排卵・着床と色々な働きをしているエストラジオール(女性ホルモン)の活性化を手助けし、着床環境を構築するためには必須であるプロゲステロン(黄体ホルモン)が活発になるのも手助けしています。

アグリコン型イソフラボン

・・・このイソフラボンは大豆の胚芽に含まれているフラボノイドの仲間で、ジオスゲニンと同様で女性ホルモンとは関わりの深い成分です。
そしてアグリコン型というタイプは糖が含まれていない状態なので腸内細菌の働きに影響を受ける事なく、スムーズに吸収出来ます。
こうした働きによりホルモン機能を整えてくれるのです。
作用についてはエストロゲンと類似した分子構造で、子宮内膜の状態を保持する働き、また排卵の時期を調整する働きもあります。

月経不順はホルモンバランスが大事

この様に、月経不順となる原因から治療、効果のある成分についてお話してきましたが、日々の食生活や生活習慣の乱れがホルモンバランスの乱れに繋がり、月経不順を引き起こしているケースが多い現代の女性達。
お薬に頼らないのが一番ですが、出来るだけ早い治療が必要なので医師の管理のもと早期治療を行っていただきたいと思います。
そうして、日々の生活習慣の見直しなどを並行していきましょう。
【おすすめ通販】ホルモン剤で症状改善